久しぶりに仕事を始めたので、ここ数日疲れて動けませんでした。身体がなまっているというのはこういうことなのかと、実感しています。おまけに年に一度の恒例行事のようにやってくる腰痛が再発しそうで、腰にサポーターを巻き、アリナミンをのみ、身体をいたわりながらの肉体労働しています。

今日はお休みなので、ノートPC3台を起動し、アップデート。ビルド18362.239から267へのアップデートをしつつMACも久しぶりにOSの更新をかけています。このブログを書いているデスクトップは、すでにビルド番号18362.267になっています。
色02

さてこのデスクトップは、18362.267になってからスタートの背景やタスクバーの色が黒基調から明るいグレー基調になり、画面が明るく感じられ眩しいくらいになりました。
色03

スクリーンセーバーで水玉ををかけてみると、黒っぽい背景の中で動いていたのが明るい白基調の背景の中で動きます。好きな人もいるのでしょうが、私には少し眩しく感じられたので以前の色を思い出しながら戻すことにしました。(不思議なことにWindows10Proのサーフェスだけはビルド
18362.267に今変わりましたが、以前の黒基調のデザインのままです)
色02

「設定」を起動し「個人用設定」を選択します。
色05

サイドバーの「色」を選択してから、右側の「色を選択する」の右側の下向き三角をクリックします。
色06

私は「カスタム」を選択しました。カスタムはタスクバーやスタートメニューの背景と、エクスプローラのフォルダーやアプリの色を違う設定にできます。黒にするとフォルダーやアプリまで黒くなるので慣れていません。今はフォルダーもタスクバーもすべて白になっています。
色07

既定のWindowsモードを黒にして、既定のアプリモードを白にしました。
これでもとに戻りました。
色04
一安心です。慣れた色に戻りました。白基調はどうも落ち着きません。
このスタート画面の貼り付けられたアイコンの色は、アクセントカラーで変更できますが、お好きなようにどうぞ。私はこのままです。