ウォシュレットの水勢がなくなって買い替え交換を決意して、後継機を選択してAMAZONで注文したところまで前回の記事で書いた。購入した便座が翌日届いて、少し苦労しながら交換をした。

準備する工具はプラスドライバーとマイナスドライバー、メジャー、もしあれば水道管用のレンチ。
購入した便座にボルトをまわすための工具はついてくるが、小さくて力が入りにくいので、レンチは用意するほうが良い。写真の一番左がついてくるレンチ。メジャーの右にあるのが自分で持っていたレンチ。
image6

また便座には水道管につなぐためのパイプや分岐用パイプもついてくる。今までウォシュレットがついていたから、それようの分岐パイプは取り付け済みなのだが、なんとパイプをつなぐ部分の径が合わないので、交換が必要となった。

まずは止水栓を閉める。(ドライバーで右に回らなくなるまで締めると閉まる)
そして便器に水を流してタンクを空にする。
image7

水漏れに備えてパイプの下にバケツなど水を受けるものを置く。狭いので普通のバケツは入らないから、私の場合はごみ箱を置いた。
image9

まずは便座につながっているパイプを外す。止水栓の上についている分岐パイプにつながっているパイプを外す(便座からのパイプとタンクからのパイプの両方を外す)
分岐パイプを外す。

便座の電源プラグををコンセントから抜きアース線も外す。
そして便器を外す。
便座を取り付けるプラスチック製のアダプターも外す。(新しいものとはアダプターも合わない)
旧アダプタ

新しいアダプターを取り付けるために、便器の先端から穴までの長さを測る。
image11

新アダプターを便器サイズに合わせた位置にあわせ、ネジを止める。
image12

長さ決め用の紙を外す。このアダプターに便座をはめ込む。
新アダプタ

便座をはめたら、順番にパイプをはめていく。まずは分岐パイプ。
分岐パイプの横の穴に便座からのパイプをつなぐ。
分岐パイプの上の穴にタンクのパイプをつなぐ。
便座の電源とアース線をつなぐ。このアース線はコンセントが奥の隅にあるため、とてもつなぎにくい。もともとアース用の器具はネジを緩めてもうまくアース線が巻きつかず。ネジを締めたときに線が外れやすいのだ。

次にリモコン用の取り付け器具を壁につける。
古いリモコンと新しいリモコンはサイズが違うのでアダプターを交換する必要がある。
image1

上が旧リモコン、下が新リモコン。横幅が狭くなった。
image4

幸い三箇所のネジ穴の位置は、旧とまったく同じだったから壁に穴を開けなおす必要はなかった。

おそるおそる止水栓を左に回して緩めていく。
水が漏れる。また締めてつなぎ部分を締める。などか繰り返して一からつなぎなおし1時間ほどかけてもれないようにつなぐことができた。

もれた場所は分岐パイプと壁からのパイプのつなぎ目だった。
便座からのパイプやタンクからのパイプを先に分岐パイプにつないだときにうまく締まらなくて水漏れをするようだった。なので、まず分岐パイプをつなぐ必要があるように感じた。

なんとか自分で取り付け取り外しができて満足だった。