豪栄道の優勝おめでとう。
ここ数日毎日相撲番組を見ていた。
日馬富士戦の気迫のぶつかり合いはすごかったし、土曜日の優勝決定戦の顔も良かった。

千秋楽を残して、優勝を決めた日のインタビュー。
NHKのアナウンサーだろうか?質問内容がひどかった。

「どんなお気持ちですか?」・・・少し口ごもってから、嬉しいですと答えた。嬉しいです以外の答えはないはずなのに、この質問をするのだろうか?

「どんな喜びですか?」・・・これには答えられないでいた。こんな質問、たとえノーベル賞をもらったような頭の良い人でも答えられないんじゃなかろうか?どんな喜び、喜びに種類があるのか?
優勝賞金がうれしいのか?名誉が嬉しいのか?そんなことを訊いているのだろうか?

「故郷大阪の人に、どんな報告をしますか?」
優勝しました以外、報告できないと思う。稽古の苦労話でも訊きたいのか?

「その涙はどういう涙ですか?」 ・・・うれし涙ですと答えていた。悲しいはずはないので、こういう質問は聞かぬが花ではないだろうか?

普通なら、何日目が苦しかったかとか、一番苦戦したのは誰との戦いだったかとか 、そんなことを訊くのではないだろうか?

優勝インタビューはかなり確率が高い日だったのに、前もって質問を準備していたとは思えないアナウンサーの準備不足を感じた。 
 
05