トイレットペーパーには表と裏がある。
シングルのものは巻いてある外側が表、内側が裏だそうで、表はお尻にやさしく裏は少しザラツクようにつくってある。これは製紙会社のHPに書いてあることなのでおそらく本当だろう。

したがってペーパーを取るときに、両手を前に回すようにとると裏側が表面に来るので、手前に回すように取ると表が肌にさわるように巻き取れる。
tp1

人によっては、それが巻き取りにくいからと 逆に取り付ける場合もある。
tp2

2枚目の写真の向きだ。 

さて2枚重ねの場合は、製紙会社のHPによれば、裏側通しを貼り付けているので外側も内側も表になっている。しかしエンボス加工の2枚重ねはなんとなく見た目が違うような気がする。

私はどうしても裏を使うような巻き取り方をしている。
自宅は2枚重ねを使っているので、一応問題ないのだが、公衆トイレは2枚重ねがほとんどないので、巻き取るときにとても大変だ。

外側が裏になるように巻いたトイレットペーパーがあったら、売れるような気がするのは、わたしだけだろうか?