Wondows10の中の新しいバージョン1511、10586で苦労している。

マイクロソフトがこの更新バージョンにサービスパック1の名称を付けなかった理由は、わからないが、そこまで大きな変更ではないということか?
もしくは2015年11月の配布開始時に、多くの不具合があっていったん配信を中止したからなのか? 

ユーザーにとってはかなり大きな変更だと思う。
Cortanaという新しい機能(アプリ)が加わったからだ。
この機能は、iOSではSiriと呼ぶ 音声応答機能だ。

私はWindows10のノートブックを3台持っている。
1台はセブンからアップデートしたレノボのノート。Corei5搭載のわりに最近は遅くなって困っている。
これはスムーズにOSのアップグレードができた。

1台はサーフェス(初代)。なのでこれもセブンから無料でアップデートした。エディションはプロだ。
これも151にできたし、Cortanaを試すこともできた。

問題はもう一台のPC.一番お気に入り、昨年末に届いたばかりのHPのバング&オルフセンの記念モデル。
早いし快適に使っていたのだが、なぜか1511にアップデートできない。
ver1511_10586
 こんな画面のあと、再起動してもまたこの画面が出て、更新履歴にも出てこない。
ネットで調べると何人かこういう人がいるようだ。
失敗してる人もいつのまにか(たぶん半月くらいの間に)アップデートができていた人がいるようなので、
しばらく様子を見て、改善がなければ購入時の状態に初期化しようかと思っている。
リカバリメディア


そのためというわけではないが、リカバリーメディアもつくった。
しかしこのPCは、Dドライブにリカバリ領域があるので、それを使って購入時の状態に戻せるようだ。
起動時にF11キーを連打することもなく、設定の更新とセキュリティの中の回復からできる。

設定の回復

この画面でクリックする場良いのだが、またソフトを入れなおすのは、面倒なので迷っている。
音声認識なんて、使わないと思うなぁ。Siriも使ってない私だった。