先日見た嬉しいニュース。
タクシーの料金規制で国が敗訴した判決が出たこと。

勝訴したのは大阪市の「ワンコインドーム」
国が決めた料金は、 初乗り660~680円。ワンコインドームは510円。

タクシー会社が勝ったことは嬉しいが、判決の内容はまだ不満が残る。

公定幅運賃制度の導入には安全性や労働条件の悪化を防ぐ目的があり、運賃幅の設定は国に一定の裁量権があると指摘。しかし、営業の自由を「相当程度制約する」と述べ、格安で運行する業者の運賃や経営実態も考慮すべき。

料金の規制は、国はすべきではないと、私は思うから。上記の赤文字部分はいただけない。
営業の自由はどうなるのか?と、言いたい。

頑張れ、格安タクシー会社。
もっとも私はバスやや電車にしか乗れません。
ワンコインドーム