ChromeでGmailを開くとき、URL表示の右端にひし形が二つ重なったようなグレーのアイコンが表示されることがある。カーソルを重ねると「このページはサービスハンドラのインストールを求めています」という表示が出てくる

 
google

サービスハンドラとは、 Gmailのヘルプに書いてある。

 Chrome では、ウェブサービスから、そのサービスを使って特定のリンクを開くかどうかをユーザーに尋ねることができます。リンクといえば別のページに移動するものがほとんどですが、中にはプログラムを開いて他の操作を実行できるものもあります。たとえば、mailto: リンクではメール プログラムを開くことができ、webcal: リンクではカレンダー プログラムに予定を追加できます。このようなリンクはプロトコルと呼ばれ、このとき使用されるプログラムはハンドラと呼ばれます。Gmail、Google カレンダーを含む最近のウェブサービスの多くは、ハンドラとして機能することが可能です。

たとえば Chrome で Gmail を開くと、プロトコル ハンドラ アイコン Protocol Handler がアドレスバーの、星型のブックマーク アイコンの隣に表示されることがあります。これをクリックすると、次のオプションが表示されます。

Gmail がすべてのメール リンクを開くことを許可する場合は、[Gmail を使う] ラジオボタンをオンにします。
ページ上のハイパーリンクのメール アドレスをクリックすると、Gmail の作成ウィンドウが開きます。
[いいえ] を選択すると、これまでどおりの方法でメール リンクが開かれます。
[無視する] を選択すると、次回以降、Gmail にアクセスしても要求が表示されなくなります。

つまり特殊なリンクを開く機能。それで必要かと言われると、おそらく不要。
無視して良い性質の機能だと、私は思う。