政府は新薬より安価な後発医薬品(ジェネリック)の普及を後押しするため、都道府県ごとに使用割合の目標値を導入するらしい。

後発薬は、一般的に開発コストがかからないので、安く、特許が切れた後に出るので新薬と同じ有効成分を持つから医療費抑制に効果がある。とされている。
価格はだいたい3分の1くらい。

なかなか良い話で、至極当然のことだと思うのだが、良く考えるとちょっと不思議だ。
特許が切れた新薬そのものを、その価格にしたらもっと良いのではないだろうか?
新薬の特許は、その期間で研究開発費を取り戻すために設けられている。
特許の期間中は独占だから、高い価格設定で開発コストを取り戻すことが可能な期間。

その特許が切れるころには、開発費は取り戻していると思うのだ。
そうであれば、特許切れなら新薬そのものを安くすべきではないだろうか?
もし開発費を取り戻せていないなら、期間か価格の設定が おかしいのだ。
1018救急箱