11月26日はペンの日。

最近は直接文字を書くことが少なくなった。
手紙は電子メールにかわり、メモ帳もiPadのメモ帳に書き込むようになった。
電子メールも、以前はプロバイダのメールを使っていたが、最近はwebメール。

Gメールやヤフーメールや、ホットメールが便利だ。
iPadでも、PCでも、スマホでも読めるし、返信できる。
会社では90台のiPadを使っている。

iPadユーザーから時々もらう質問、「電子メールを書いているときに落ちるので、対策はありますか?」
というものがある。

このブログを呼んでくれている人のために、対策を書いてみる。

(1)アプリの解放をする
メールが落ちるのは、メモリ不足が要因だ。
この質問をくれる人は、ほとんどアプリの解放をしていない。過去に私用したアプリは解放しない限り
裏でメモリを喰っている。だからメモリを解放するとかなりの確率で改善する。

解放はホームボタンを2度押しして、出てきたアプリを上に跳ね上げて消す。
落ちると言ってくる人のiPadはたいてい20以上のアプリが解放されないで残っている。

(2)iPadの再起動やリセットをする
iPadはスリープをさせても、めったに電源を落とすことがない。PCでも電源オフしないとゴミがメモリにたまるのだから、iPadもたまには電源を落とそう。
できれば、電源ボタンとホームボタンを同時長押ししてリセットするとかなり改善される。
またPCやマックのiTuneとの同期を小まめに行うことで、メモリのゴミがクリアされる。

(3)メールのプレビュー表示を少なくする。
画面を横にしてメールを開けたときに、左に出てくる受信メールの一覧もメモリを喰っている。
だからその表示を少なくする。

ギアのマークの設定画面を開けて、メール連絡先カレンダーをタップして、右側のプレビューを見よう。
一度もさわたっことがなければ、2行になっているはず。
この右矢印をタップして、なし、又は1行にする。
これはかなり効果的だ。


(4)画像を読み込むをoffにする。
これもメールのメモリを減らすのに有効だ。。幸い私の場合は、ここまでしなくても
落ちることはないのだが、大容量の写真を添付ぢたメールが多い人は、やってみるといいと思う。
これも(3)の画面の近くにある。

以上の対策は、どれか一つやればいいというのではなく、すべてをやって効果が出るので、
こまめにアプリ解放をして、iPadをいたわってあげよう。
それでもダメなら、復元。もしくは交換しかないようだ。


写真 3